亜鉛

しじみの心の疲れ軽減効果

現代人が多くかかる心の病気の原因はストレスの他にも食生活の乱れが上げられます。栄養の偏った食事をしていると、脳が働かなくなり精神が安定しなくなります。そのためにも食事のバランスを考える事は重要なのです。

アミノ酸の一種であるオルニチンはしじみに含まれている栄養素です。
二日酔いの時にしじみ汁を飲むと気分がよくなると言われています。
これは、オルニチンが肝機能を向上させ毒素を体外に排出することができるからです。
これによって肝臓に残っているアルコールを解毒することができるのです。

このオルニチンはストレスを軽減する働きを持っているのです。
沈黙の臓器と呼ばれ、普段は痛みも感じない肝臓ですが、身体に有害であるアンモニアを解毒してくれる作用があり疲労回復を促してくれます。
肝臓に毒が残ったままだと、それが脳に伝わり疲労を感じさせると言われています。
これが身体の疲労につながるのです。
身体が疲れると、やる気が失われ、憂鬱な気分になります。
そのまま放っておくと疲労は蓄積され、精神が安定しない状態になるのです。
最近では、オルニチンの配合を強化したインスタントの味噌汁やサプリメントが売られていますので、それらを利用してまずは肝臓から疲労物質を追い出すことができます。

次にしじみにはトリプトファンが含まれています。
トリプトファンとは、神経伝達物質を生成してくれる物質で、質の良い眠りに導いてくれるメラトニンや、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンをつくるもとになっており、神経をリラックスさせる効果が期待できます。
しじみを食べることによってオルニチンとトリプトファン両方を摂取することができ、ストレスを軽減することができるのです。
その結果しじみは安眠効果につながります。

また、しじみには鉄分、カルシウム、ビタミン、アミノ酸、タンパク質などが含まれ、小さいながらも栄養補給にぴったりの食材です。

適切な栄養補給は、精神の安定にもつながります。ストレスを抱えている人は、毎日、自分が何を食べているか、どのような栄養が足りていないか把握しましょう。
そして、普段の食事にしじみを積極的に利用し、身体も心も健やかに保ちましょう!